GTK+ のインストール(+ glib,atk,cairo,pango)

メモ:

GTK+-2.8をインストールします。GTKをインストールするには、GLib,FreeType,cairo,Pango,ATKとGTK+が必要になります。

GTK+は、GIMP tool kitの略でフォトレタッチソフトGIMPを作るために作ったGUIツールキットです。

まず、 GTK+ The GIMP Toolkit からGLib,Pango,ATKとGTK+を任意のディレクトリ、ここでは、/usr/local/srcにダウンロードします。

事前にgettext,libxml2,fontconfig,FreeType,libjpeg,libtiff,libpngをインストールする必要があります。

GLibのインストール

GLibから順に展開しコンパイル、インストールします。

# tar zxvf glib-2.8.6.tar.gz
# cd glib-2.8.6
# ./configure

私の環境では、configure時にgettextが無いと次のようなエラーが表示されたのでgettextをインストールします。

*** You must have either have gettext support in your C library, or use the
*** GNU gettext library. (http://www.gnu.org/software/gettext/gettext.html)

gettextのインストール

glibのインストールを再開します。

# ./configure
# make
# make install

ATKのインストール

ATKを展開しコンパイル、インストールします。

./configureでPKG_CONFIG_PATHが見つからなかったので次のようにしてインストールします。

# export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig
# tar zxvf atk-1.10.3.tar.gz
# cd atk-1.10.3
# ./configure
# make
# make install

ATKのインストールは終了です。

cairoのインストール

cairoを展開しコンパイル、インストールします。

# tar zxvf cairo-1.0.2.tar.gz
# cd cairo-1.0.2
# ./configure
# make
# make install
# /sbin/ldconfig 

Pangoのインストール

Pangoを展開しコンパイル、インストールします。Pangoの前にcairoをインストールする必要があります。

# tar zxvf pango-1.10.4.tar.gz
# cd pango-1.10.4
# ./configure --prefix=/usr

またしても、次のようなエラーが出ました。

configure: error: *** Didn't find any of FreeType, X11, or Win32.

TrueTypeフォントのレンダリング用ライブラリが見つからないとの事なので FreeType2をインストール します。

FreeType2をインストールしましたがエラーが解消されません。Pangoには、他にもfontconfigが必要なようなのでfontconfigをインストールします。

参考:fontconfigのインストール

条件が整ったようなのでPangoのインストールを再開します。

# ./configure --prefix=/usr

今度は、makeでエラーが発生します。

undefined reference to `cairo_surface_write_to_png'
gmake[2]: *** [cairosimple] エラー 1

いろいろ調べてみたのですが、glitzがいるとか・・・いろいろな情報があり、その中でとりあえず、Makefileを修正する方法でインストールしてみました。

MakefileのSUBDIRSからexamplesを削除し、コンパイルします。

# make
# make install

Pangoのインストールは終了です。

GTKのインストール

GTK+-2.8を展開しコンパイル、インストールします。

# tar zxvf gtk+-2.8.9.tar.gz
# cd gtk+-2.8.9
# ./configure
# make
# make install