エクスポート(EXPORT)

Oracleから提供されているユーティリティのエクスポート(EXPORT)は、 データベース内のデータをダンプファイルとして出力してくれます。

データベース全体を出力、テーブル単位で出力でき、他の環境へコピー(インポート)を作成することができます。

エクスポートのモード

エクスポートユーティリティでは、出力する単位が4種類用意されています。

全データベース
SYSトリガー以外全てのオブジェクト[FULL = Y]
表領域
指定した表領域内のオブジェクト[TABLESPACE = (テーブルスペース名1,テーブルスペース名2,・・・)]
ユーザー
指定したユーザーが所有するオブジェクト[OWNER = (ユーザー名1,ユーザー名2,・・・)]
指定した表[TABLES = (テーブル名1,テーブル名2,・・・)]

全データベースの例

exp SYSTEM/パスワード@db1 FULL=y FILE=fullexp.dmp GRANTS=y ROWS=y log=exp.log

指定できるパラメータ

expコマンドの引数に上記モードいづれかとパラメータを指定します。

パラメータ 概要 デフォルト
BUFFER 行のフェッチに使用されるサイズ(バイト単位) バイト数 OSによる
COMPRESS エクステントを整理する yまたはn y
CONSISTENT 読み取り一貫性を維持してエクスポート yまたはn n
CONSTRAINTS 表制約のエクスポート yまたはn y
DIRECT ダイレクトパスエクスポートの使用 yまたはn n
FEEDBACK プログレスバーの表示単位(10の場合、10行で1つ) 行数 0
FILE ダンプファイル名 ファイル名(パス) expdat.dmp
FILESIZE 1ダンプファイルの最大サイズ nKB 2G又は無制限
GRANTS オブジェクト権限のエクスポート yまたはn y
INDEXES インデックスのエクスポート yまたはn y
LOG エクスポート時のログ保存先ファイル名 ファイル名(パス) なし
PARFILE パラメータが格納されているファイルを指定 ファイル名(パス) なし
QUERY 表モード時にWHERE句を指定して抽出 \"WHERE ・・・\" なし
ROWS 表のデータ行をエクスポート yまたはn y
STATISTICS インポート時のオプティマイザの種類を指定 種別 ESTIMATE
TRANSPORT_TABLESPACE トランスポータブル表領域のメタデータをエクスポート yまたはn n
TRIGGERS トリガーのエクスポート yまたはn y

パラメータファイルの例

コマンド

exp SYSTEM/パスワード@db1 PARFILE=params.dat

パラメータファイルの例

FILE=expdat.dmp
TABLES=(emp,dept)
GRANTS=y
INDEXES=y