NSS(Name Service Switch)とは

NSS(Name Service Switch)とは、ユーザー情報やグループ情報、ホスト名など各種情報を取得する際の、 検索先および検索順を指定するために使用されます。 ユーザー情報の場合、/etc/passwd、ldapなどを検索するようにnsswitch.confへ設定することができます。

Debianの場合、初期インストール状態では次のように「compat」が指定されています。compatは、/etc/passwd, /etc/groupから情報を取得します。

passwd:      compat
group:       compat
shadow:      compat

hosts:       file dns

対象となるデータベースには、次のものがあります。

  • aliases
  • ethers
  • group
  • hosts
  • netgroup
  • network
  • passwd
  • protocols
  • publickey
  • rpc
  • services
  • shadow

例えばldapを検索する場合、次のように設定します。

passwd:      compat ldap
group:       compat ldap
shadow:      compat ldap