玄箱 Debian Sarge を UTF-8環境にする

玄箱をSarge化した後、ロケールを変更します。

玄箱 Debianへlocalesのインストール

Debainには、localesというパッケージが用意されているのでインストールしてみます。

# apt-get update
# apt-get install locales

次に2つほど設定を聞かれるので、設定していきます。

locales generated

ここでは、UTF-8環境を作りたいためja_JP.UTF-8.UTF-8を選択します。

デフォルトロケールもja_JP.UTF-8を選択します。

日本語が表示されない場合

日本語が表示されない場合、dpkg-reconfigureで再度設定しなおすとよいそうです。

# dpkg-reconfigure -plow locales