玄箱 Debian に Apache2 をインストール

玄箱 Debian に Apache2 をインストールします。

$ su
Password:(rootのパスワードを入力)
# aptitude update
# aptitude install Apache2

又は

# apt-get update
# apt-get install Apache2

続けますか?と聞かれるので[Enter]を押します。

以上でインストールが完了します。

Apache2の設定

Apacheの設定ファイルの構造が大幅に変更されているようです。

/etc/apache2/apache2.conf
apache2の全体設定用ファイル
/etc/apache2/ports.conf
ポート番号
/etc/apache2/mods-enabled/
使用するモジュールへのリンクファイルが置かれるディレクトリ
/etc/apache2/mods-available/
モジュールファイルが置かれるディレクトリ
/etc/apache2/sites-enabled/
使用するサイト定義ファイルへのリンクファイルが置かれるディレクトリ
/etc/apache2/sites-available/
サイト定義ファイルが置かれるディレクトリ

apache2.confの最後に Include /etc/apache2/sites-enabled/[^.#]* とあります。sites-enabled配下にあるファイルは全てInculudeすると言う意味です。 /etc/apache2/sites-enabled/には、シンボリックリンクが作成されており、そのリンク先が /etc/apache2/sites-available/の各ファイルになっています。

サイトの定義を変更するには、/etc/apache2/sites-available/defaultファイルを変更します。

Apache2をとりあえず動作させる

/etc/apache2/sites-available/defaultファイルを変更します。

# cd /etc/apache2/sites-available/
# cp default default.org
# vi default

defaultファイルの以下の部分を修正していきます。ここでは、/mnt/public_html/に変更しています。

DocumentRoot /var/www/
↓
DocumentRoot /mnt/public_html/

<Directory /var/www/>
↓
<Directory /mnt/public_html/>

# --以下の行をコメントアウト又は削除

RedirectMatch ^/$ /apache2-default/

DocumentRoot及びDirectoryディレクティブのパスを任意のディレクトリに変更します。そのままでよい場合は、 変更する必要はありません。

RedirectMatchをコメントアウト又は削除します。

ここまで設定したらApache2を再起動します。

/etc/init.d/apache2 restart