Debian(etch) に phpMyAdmin をインストール

phpMyAdminとは、データベース(MySQL)の操作をブラウザから行えるようにするツールです。

データベースの作成やテーブルの作成、レコードの操作、MySQLサーバーに関する情報の取得等 さまざまな処理を行うことができます。

phpMyAdminのインストールを開始します。

# aptitude update
# aptitude install phpmyadmin

・・・・・
・・・・・
Setting up phpmyadmin (2.9.1.1-6) ...

Creating config file /etc/phpmyadmin/apache.conf with new version

Creating config file /etc/phpmyadmin/config.footer.inc.php with new version

Creating config file /etc/phpmyadmin/config.header.inc.php with new version

Creating config file /etc/phpmyadmin/config.inc.php with new version

Creating config file /etc/phpmyadmin/htaccess with new version

以上でインストールが完了します。

phpMyAdminは、デフォルトで/usr/share/phpmyadminへインストールされApache2インストール時の ドキュメントルート(/var/www/)にシンボリックリンクが作成されます。

# ls -la /var/www/phpmyadmin
lrwxrwxrwx 1 root root 21 Feb 12 14:40 /var/www/phpmyadmin -> /usr/share/phpmyadmin

Apache2のドキュメントルートをデフォルトのまま使用している場合、以上でインストール終了です。

私の場合、一般ユーザーを作成しそのホームディレクトリーをドキュメントルートとしているため 新たにシンボリックリンクを作成します。(一般ユーザーでログインしシンボリックリンクを作成)

$ ln -s /usr/share/phpmyadmin/ /home/webadmin/phpmyadmin

ブラウザから、phpmyadminのアドレスへ接続すると次の画面が表示されます。

phpmyadmin