スキーマとは

メモ:

XML文書は、自由に意味や構造を表す要素を定義することができます。

XMLの用途のひとつである構造化された文書・データを共有するためには ある程度のルールが必要となります。

スキーマは、XML文書の構造と内容の制約を定義するために使用されます。

このようなスキーマに準拠したXML文書は、validなXML文書と呼ばれます。

また、コンテンツを持たない要素を定義することもでき次のように記述することができます。

スキーマに従っていればデータを共有する際、ある程度共通の認識を持つことができます。(ルールに従わなければ・・・)

スキーマの種類

スキーマ言語には、いくつかの種類が存在しています。

私が最初に関わったのがDTD(Document Type Definition)、最近(200806)関わったのがXML Schema(XSD)です。

スキーマ言語
DTD(Document Type Definition)
XML Schema(XSD)
Relax(REgular LAnguage for Xml)