WSH(Windows Script Host)とは

メモ:

WSHとは、VBScriptやJScript(JavaScript)でバッチよりも、もう少し柔軟に処理が実行できる実行環境です。

WSHは、VBScriptやJScript使用してCOMを使用することができるため、Windowsの様々な情報を取得することもできます。

このスクリプトを使用して、定型業務などを楽にしてしまおうといったものです。

WSHを作成するには、主にVBScriptかJScriptを使用します。テキストエディタなどを使用して必要なスクリプトを記述していきます。

使用する言語によって拡張子が決まっているようです。

拡張子言語等
vbsVBScript
jsJScript
vbeエンコードされたVBScript
jseエンコードされたJScript
wsfジョブを管理するXMLファイル

コマンドプロンプトで次のように入力するとwscript /?コマンドラインオプションの情報が表示されます。その中でH:CScriptとH:WScriptというオプションがあります。調べてみたところCScriptがCUIベースで、WScriptがGUIベースといった違いがあるそうです。

CScriptとWScriptで実行した場合、それぞれ次のようになります。

// VBScritpの例
WScript.Echo "Hello,World!"

CScritpの場合

C:\>cscript c:\sample\hello.vbs
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

Hello,World!

WScritpの場合

C:\>wscript c:\sample\hello.vbs

WSHで何ができる

WSHでは、かなりいろいろなことができます。以下、一部の例を紹介します。

  • レジストリを操作できる。
  • ウィンドウにキーコードが送れる。
  • WMIなどCOMが使える。
  • CDOでメールが送れる。

などなど...