SecureNAT,簡易DHCPサーバー

メモ:

まず感じたのが、「いったいどこに対してNATしてくれるのだろう?」と言うことです。

とりあえずは、ルーターのイメージですかね。

Server Managerをたちあげ、仮想HUBの管理をクリックします。

HUBの管理

右下付近のSecureNAT機能の設定をクリックすると警告等メッセージとボタンがいくつか配置された画面が表示されます。

「詳しい知識のある方向け」と書いてありますが、知識はないです。好奇心のみで試してみます。(このページを参考にされている方がみえましても、責任は負えませんのでよろしくお願いします。)

セキュアNATの設定

ここでは、SecureNATの仮想ホストの設定とDHCPサーバーの設定を行います。

まず、SecureNATの設定ボタンをクリックします。

セキュアNATの設定

画面左がSecureNATのホスト設定、右がDHCPサーバーの設定になります。

NATを受け持つホストのIPアドレスを指定し、仮想NAT機能を使用するにチェックします。(なんとなくですが、ブロードバンドルーターのイメージです。)

DHCPサーバーを使用する場合は、仮想DHCPサーバー機能を使用するにチェックをいれ仮想LANの配布IPアドレス帯を設定します。

この辺のネットワークアドレスは、あわせておきます。

設定が終了したら、OKをクリックします。しかし、この状態ではSecureNATはまだ有効ではありません。

セキュアNATの設定

画面左の「SecureNAT機能を有効にする」ボタンをクリックしSecureNATを有効にします。

これで、SecureNATが機能します。

このNATは、物理LANに対してNATしているようです。

物理LANが複数の場合は、どうなるのでしょう?環境がないので環境ができ次第<試してみたいですね。