仮想HUBのカスケード接続

メモ:

SoftEtherでは仮想HUB同士でカスケード接続することもできるようです。

親となるHUBに仮想LANが接続するのと同じように仮想HUBを接続できます。

VPN Serverの管理ショートカット又はvpnsmgr.exeを起動しServerに接続します。

ServerManager

カスケード接続する仮想HUBは、あらかじめ作ってあることとします。

カスケード接続する仮想HUBを選択して、仮想HUBの管理ボタンをクリックします。

HUBの管理

仮想HUB管理画面の左下にカスケード接続というボタンがあります。これをクリックします。

カスケード一覧

仮想HUBがカスケード接続している相手のリストが表示される画面が起ち上がります。

新規の場合、リストには何も表示されません。ここで、カスケード接続を作成する場合、新規作成をクリックします。

カスケード設定

仮想LANの接続設定に似た画面が表示されます。

適当な接続設定名(例えばvcascade)、ホスト名にカスケード接続したいHUBのホスト名、ポート番号、カスケード接続したいHUB名を指定します。

カスケード接続先のHUBには、あらかじめユーザー名を設定しておく必要があります。

プロキシ経由の場合は、プロキシの設定も行います。

以上の設定が終わったらOKボタンをクリックします。

カスケード設定後

リスト上に設定した接続名等が表示されます。

オンラインボタンをクリックすることでカスケード接続が確立します。

しかし、接続はできていますがどうも不安定です。DHCPからアドレスはもらえるのですがpingが通りません。原因は、調査中です。