[ADK] Windows ADK for Windows 10 (version 1809) のインストール

メモ:

Windows 10 への移行のため、複数の端末にクライアント環境を展開したいと調べていたところ Windows展開サービス(Windows Deployment Service : WDS) と Microsoft Deployment Toolkit(MDT) というワードが引っかかりました。 Microsoft Deployment Toolkit (MDT) を使用する準備として、 Windows ADK for Windows 10 をインストールしていきます。

この Windows ADK for Windows 10 は、展開するためのツール以外も含まれていますので機会があればほかの用途についても調べていきたいと思います。

Windows ADK for Windows 10 のインストール

Download and install the Windows ADK から 「ADK for Windows 10」をダウンロードします。

ADK 配布サイト

ダウンロードした adksetup.exe を実行し、 Windows ADK for Windows 10 をインストールします。インストール先を聞かれるのでデフォルトのまま「次へ」ボタンをクリックします。

インストール先の指定

Microsoft さんへ情報提供しますか?っと聞かれるので、ここもデフォルトのまま進めます。

プライバシーに関する確認

使用許諾契約が表示されるので「同意」して次へ進めます。

使用許諾契約の同意確認

インストールするツールを選択します。ADK には、評価するためのツールと配置するためのツールが用意されているようなので必要に応じてツールを選択します。展開等に使用するのであれば、「Deployment Tools」が必要となります。

MDT のために最低限必要なコンポーネントは、Deployment Tools と Windows Preinstallation Environment (WinPE)になります。

アプリケーション互換性ツール
32ビット版および64ビット版WindowsアプリケーションのWindows 10に対する適合性と互換性を診断できるツール。
Deployment tools
Windows イメージを作成・管理してインストールするために利用できるツール。
イメージおよび構成デザイナー(ICD)
Windows イメージの構築と展開、プロビジョニングパッケージの作成等を行うために利用できるツール。
構成デザイナー
Windows イメージのためのプロビジョニングパッケージ作成に使用するツール。
User State Migration Tool(USMT)
ユーザーのファイルやプリフェレンス、設定を古い Windows のバージョンから新しいバージョンへ移動させるためのツール。
ボリュームライセンス認証管理ツール(VAMT)/dt>
Microsoft の ボリュームライセンス管理に利用できるツール。
Windows パフォーマンスツールキット
Windows のシステムとグラフィックスパフォーマンスを分析し、Windows 導入の適合性診断を支援するツール。
Windows 評価ツールキット
ハードウェアのパフォーマンス、ブラウザ利用のエクスペリエンス、アプリケーションのエクスペリエンス、起動とシャットダウン等、Windows に対する適合性診断を支援するツール。
Microsoft User Experience Virtualization
Media eXperience Analyzer
メディアパフォーマンス測定と分析を行って、Windows に対する適合性を診断するツール。
インストールする機能の選択

インストールが完了すると、次の画面が表示されます。

Windows アセスメント & デプロイメント キット - Windows 10 へようこそ 画面

以上でインストール作業は完了です。スタートメニューには、次のツールなどが用意されます。

インストールしたツール群

Windows PE のインストール

Windows Preinstallation Environment (Windows PE, WinPE)は Windows をインストールするための環境のことで、インストール以外にもリカバリーのために使用されることもあります。

展開用のイメージを作成する際にも必要となるツールですので、インストールを行っていきます。

※Windows ADK for Windows 10 (version 1809)より前の ADK には、 ADK の機能として Windows PE が選択可能でしたが version 1809 から add-on となっています。

それでは、Download and install the Windows ADK から 「Windows PE add-on for the ADK」をダウンロードします。

ダウンロードした adkwinpesetup.exe を実行し、 Windows PE add-on for the ADK をインストールします。インストール先を聞かれるのでデフォルトのまま「次へ」ボタンをクリックします。

インストール先の指定

Microsoft さんへ情報提供しますか?っと聞かれるので、ここもデフォルトのまま進めます。

プライバシーに関する確認

使用許諾契約が表示されるので「同意」して次へ進めます。

使用許諾契約の同意確認

機能を選択する画面が表示されますが、1個しかないのでそのまま進めます。

機能選択画面

しばらく待つとインストール作業が完了します。

Windows PE へようこそ

以上で Windows PE add-on for the ADK のインストールが完了です。