ログモードの確認と変更方法

メモ:

インポートの「 TRANSFORM 」パラメータでアーカイブログを作成しないようにできることを確認しましたが、ここでは根本的にデータベースにログモードを設定する方法を確認します。

データベースの運用がアーカイブログモードであるか確認する

運用されているデータベースがアーカイブログモードで運用されているか、そうでないかを確認するのに 2 つの方法があります。

1つ目は、データベースに関する情報を示す「 v$database 」動的パフォーマンスビューから次のように確認します。

SQL> select log_mode from v$database;

LOG_MODE
------------
ARCHIVELOG

もう一つの方法は、 sqlplus のコマンドで REDO ログ・ファイルに関する情報を表示する「 ARCHIVE LOG 」を sqlplus で使用します。( Oracle 11.2 の例)

SQL> ARCHIVE LOG LIST
データベース・ログ・モード     アーカイブ・モード
自動アーカイブ                 有効
アーカイブ先                   USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
最も古いオンライン・ログ順序   11080
アーカイブする次のログ順序     11084
現行のログ順序                 11084

アーカイブログモードに変更するには?

データベースを停止します。

SQL> conn / as sysdba
接続されました。
SQL> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。

必要に応じて初期化パラメータを設定します。その後、データベースを MOUNT モードで起動します。

SQL> start up mount
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 1286066176 bytes
Fixed Size                  2254864 bytes
Variable Size             989857776 bytes
Database Buffers          285212672 bytes
Redo Buffers                8740864 bytes
データベースがマウントされました。

データベースのログモードを変更します。

SQL> alter database archivelog;

データベースが変更されました。

データベースを OPEN します。

SQL> alter database open;

データベースが変更されました。

以上でログモードが変更されます。ノーアーカイブログに変更する場合は、「 alter database noarchivelog; 」とします。