表の作成

メモ:

CREATE 権限を持つユーザーでデータベースへ接続します。 ここでは、sampleデータベースへuser1で接続します。

作成するテーブルのイメージ:

tbl1
col1col2
CHARTINYINT

次のように入力します。

$ mysql -u root -p sample
mysql>CREATE TABLE tbl1 (col1 CHAR(100),col2 TINYINT(1));

これでテーブルの作成は終了です。

CREATE TABLE 構文は、データベース内にテーブルを作成するための命令です。 基本的には、テーブル名とフィールド名、フィールドの型と制約を設定します。

基本的な構文は下記の通りです。

CREATE TABLE テーブル名(フィールド名 型名 制約,...)
又は
CREAE TABLE テーブル名(フィールド名 型名 制約,...,フィールド名 型名 制約,
                       ,PRYMARY KEY (列名,...))

テーブル(フィールド)にはさまざまな制約を設定することができます。 よく使いそうなものを少しあげておきます。

制約 概要
PRIMARY KEY 主キー
NOT NULL NULLの登録を許可しない
DEFAULT 規定で登録される値

[CREATE TABLE構文]

Related Link(Ads)