wgetの使い方

メモ:

wget とは、 http や ftp 経由でファイルの取得を行えます。リンク先を階層指定して全て取得することもできます。

wgetのインストール

ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/wget/ 等からwgetを入手します。

# tar zxvf wget-X.X.X.tar.gz
# cd wget wget-X.X.X
# ./configure
# make
# make install

Plamoの場合、/usr/binに入っているのでconfigureで[ –prefix= /usr] を指定します。

wgetの使い方

ファイルをダウンロードするには、

$ wget http://www.***.***/index.html

とします。これで、カレントディレクトリにファイルがダウンロードされます。

リンクされている階層を同じディレクトリ構造でダウンロードするには

$ wget -r -l http://www.***.***/index.html

とします。他のサーバを見に行かないようにするには-Lオプションを追加します。

proxy経由でダウンロードするには

proxy経由でダウンロードするには、wgetの設定ファイル(wgetrc)に設定します。

/usr/local/etc/ にあるとか /etc/ にあるとかという記述を見かけましたがplamoでは /usr/etc/ にありました。

wgetrcのhttp_proxyのコメントをはずしプロクシを設定します。

use_proxy = onのコメントもはずします