PukiWikiインストール(1.4.6)

メモ:

PukiWikiのインストールは、非常に簡単です。インストール方法についても PukiWiki-official に詳しく記述されていますので、ここでは覚え程度です。

PukiWikiを使用するには、phpが必要となります。phpは、日本語マルチバイトに対応するよう設定します。

PukiWiki-official から PukiWiki1.4.6 をダウンロードし展開します。

# tar zxvf pukiwiki-1.4.6.tar.gz
# mv pukiwiki-1.4.6 /home/webadmin/htdocs/wiki
# cd /home/webadmin/htdocs/wiki/

pukiwiki.ini.phpの次の3箇所を修正します。

// 編集者の名前(修正してください)
   $modifier = 'anonymous';
// 編集者のホームページ(修正してください)
   $modifierlink = 'http://pukiwiki.example.com/';
// 管理者パスワード
   // 以下は md5('pass') の出力結果です
   $adminpass = '{x-php-md5}21232f297a57a5a743894a0e4a801fc3';

$modifierに自分の名前、$modifierlinkに自分が管理しているWebサイトのURL、$adminpassに管理者のパスワードを指定します。パスワードには、MD5による暗号化したパスワードを指定します。

Linux上では、次のようにしてMD5パスワードを計算させることができます。

# echo -n 'パスワード' | md5sum

PukiWiki-officialで「とりあえずは $adminpass = md5("your-pasword");とする」記述がありますが、1.4.6では暗号化形式を付加する必要があるようです。

// 以下は md5('pass') の出力結果です
$adminpass = "{x-php-md5}" . md5("your-pasword");

パーミッションの設定

次にディレクトリ及びファイルのパーミッションを設定します。

ディレクトリ パーミッション
./ (755)
./attach (777)
./backup (777)
./cache (777)
./counter (777)
./diff (777)
./image (755)
./image/face (755)
./lib (755)
./plugin (755)
./skin (755)
./trackback (777)
./trackback (777)

ディレクトリ内のファイルは基本的にパーミッション644になります。

cacheディレクトリの*.datファイルを666にwikiディレクトリの*.txtファイルを666にします。

以上でインストールは終了です。レンタルサーバ等にインストールする場合、ローカルでpukiwiki.ini.phpを修正しFTPでアップロードします。