Proftpdのインストール

メモ:

2004/10/13時点での最新版を ftp://ftp.proftpd.org/distrib/source/proftpd-1.2.10.tar.bz2 から入手します。

最新版は、ProFTPDなどから入手します。

インストール

入手したアーカイブを/usr/local/srcに置き展開します。

# tar xvfj proftpd-1.2.10.tar.bz2

次に環境等を設定します。

インストール先を変更する場合は、–prefixを指定します。

コンフィグレーションファイルの場所を変更する場合は、–sysconfdirを指定します。

runtime state fileの場所を変更する場合は、–localstatedirを指定します。

パスワードの設定は、–enable-shadowを指定します。

# tar xvfj proftpd-1.2.10.tar.bz2
# cd proftpd-1.2.10
# ./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var --enable-shadow
# make
# su
password:
# make install

以上で、インストールは終わりです。

起動の設定

ProFTPDは単独でデーモンとして起動することができます。

グローバルアドレスが固定されていない場合は、inetdから起動することがいいようなのでinetdから起動します。 /etc/proftpd.conf の ServerType ディレクティブを standalone から inetd に書き換えます。

/etc/inetd.confに次の設定を追加します。

ftp stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.proftpd

wu-ftpdが動いているようであれば、wu-ftpdが起動しないようにinetd.confを編集します。

#ftp stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.ftpd -l -i -a

【2005.01.19】

TCPwrapperの設定を確認する必要がある場合もあります。

hosts.allow,hosts.denyの設定も確認します。

standaloneで起動する場合は、rc.localへ以下のように追加します。

if [ -x /usr/sbin/proftpd ]; then
    echo -n ”Starting ProFTPD”
    /usr/sbin/proftpd
fi

RedHatなどは、/etc/init.d/にスクリプトrc*.dにリンクと言った所でしょうか?