lsコマンドで表示される配色を変更する。

メモ:

全てのユーザーの配色を変更したい場合、**/etc/DIR_COLORS **の設定を変更します。

例えば、ディレクトリの表示色を変えるなら

DIR 01;34

の部分を変更します。

DIRは、ディレクトリを示し、01が明るくする、32が青色の文字という意味になっています。ファイルなどでは、拡張子別に配色が設定されています。

属性を複数並べることもできるようです。

指定できる値を以下に示します。

文字色

番号
30 black(黒)
31 red(赤)
32 green(緑)
33 yellow(黄)
34 blue(青)
35 magenta(紫)
36 cyan(水色)
37 white(白)

背景色

番号
40 black(黒)
41 red(赤)
42 green(緑)
43 yellow(黄)
44 blue(青)
45 magenta(紫)
46 cyan(水色)
47 white(白)

属性

番号
00 none(なし)
01 bold(明るくする)
04 underscore(下線をつける)
05 blink(点滅する)
07 reverse(反転表示する)
08 concealed

ユーザーごとに設定を変更する場合は

~/.dir_colors

を編集して配色を変更します。

環境によっては、ファイルが存在しないことがあるので

cp /etc/DIR_COLORS ~/.dir_colors

でコピーし、編集します。