コンパイル環境の整備(m4,Bison,Flex)

メモ:

m4のインストール

マクロを処理するための処理系。

マクロ命令を使って記述されたプログラムやテキスト列などを展開して、マクロ命令を含まない形のテキストなどに変換する。マクロ命令をパラメータに基づいて展開したり、条件分岐などを評価して状況に応じたコードだけを選択して展開したりする。

いずれかのサイトから m4 のソースを /usr/local/src へダウンロードします。(Bisonをインストールするときいるといわれました。)

インストールを実行します。

# tar zxvf m4-1.4.1.tar.gz
# cd m4-1.4.1
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

Bisonのインストール

Bisonとは構文解析(パーサ)を行うもののことです。パーサプログラムyaccの上位互換プログラムにあたります。

いずれかのサイトから Bison のソースを /usr/local/src へダウンロードします。

インストールを実行します。

# tar zxvf bison-1.875.tar.gz
# cd bison-1.875
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

Flexのインストール

Flexとは字句解析を行うもののことです。

次のサイトからflexのソースを/usr/local/srcへダウンロードします。

http://directory.fsf.org/flex.html

インストールを実行します。

# tar zxvf flex-2.4.5a.tar.gz
# cd flex-2.4.5a
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install