Silverlight

メモ:

マイクロソフトからSilverlight1.0が正式にリリースされました。

そこで、Silverlight1.0をざっと見てみます。

Silverlight1.0は、XAMLとJavaScriptで開発をするようです。

Silverlightのインストール

Silverlightで作成されたコンテンツを実行するには、ブラウザにSilverlightの プラグインをインストールする必要があります。

まず、Silverlightのサイトでダウンロードを選択します。

ダウンロード

Windowsのロゴをクリックして、インストール画面へ進みます。

インストール画面

「Install Now」ボタンをクリックするとセキュリティ警告が表示されるので、実行をクリックし インストールを開始します。

セキュリティ警告
インストール中

以上でインストールが完了します。

Silverlight 1.0 SDK (ソフトウェア開発キット)(英語)のインストール

Silverlightのサイトでツールを選択します。

Silverlight 1.0 SDK (ソフトウェア開発キット)(英語)をクリックしダウンロード画面へ移動します。

Silverlight 1.0 SDK (ソフトウェア開発キット)(英語)をダウンロードしインストールを行います。

Silverlight 1.0 SDK (ソフトウェア開発キット)(英語)インストール

使ってみたい気、満々なので「I Agree」で

ライセンス

次にインストール先を聞かれます。

インストール先

最終確認後インストールが開始されます。

インストールの確認

インストールが終了するとVisual Studio2005で使用するSliverlight用のテンプレートをインストールするか 聞かれます。

テンプレートのインストール

[Next]をクリックしテンプレートをインストールします。

テンプレートのインストール
インストール完了

インストール完了後、Visual Studio2005を起動し確認してみると、C#の項目にSilverlightが 追加されています。

Visual Studio2005上のSilverlight

Related Link(Ads)