SimpleStoreを使ってGridへ表示する

メモ:

Gridを作成する」で配列のデータをグリッド表示しました。

ここでは、配列のデータをもう少し簡単に扱えるSimpleStoreを使ってGridに表示してみます。

Gridの表示例

配列で用意したデータをGrid表示する

基本となるHTMLを作成します。bodyへdivタグを追加し、idにsample_gridを設定します。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="ext/resources/css/ext-all.css">
        <script type="text/javascript" src="ext/adapter/ext/ext-base.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="ext/ext-all-debug.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="main.js"></script>
        <title>New Web Project</title>
    </head>
    <body>
        <h1>New Web Project Page</h1>
        <div id="sample_grid"></div>
    </body>
</html>

JavaScript用のファイル(main.js)を作成しグリッドの表示を行うよう記述していきます。

Ext.BLANK_IMAGE_URL = 'ext/resources/images/default/s.gif';
 
Ext.onReady(function() {

  // 時系列の緯度経度データ
  var gpxTrack = [
      ['2008-10-04 09:54:06',35.371586,136.643680],
      ['2008-10-04 09:54:09',35.371583,136.643082],
      ['2008-10-04 00:54:12',35.371700,136.642497]
  ];
  // Storeの作成 Ext.data.Record.createやArrayReaderの部分が省略される
  var store = new Ext.data.SimpleStore({
      fields: [
        {name: 'time', type: 'date', dateFormat: 'Y-m-d H:i:s'},
        {name: 'lat', type: 'float'},
        {name: 'lon', type: 'float'}
      ],
      data: gpxTrack
  });
  // 項目の作成
  var colModel = new Ext.grid.ColumnModel([
      {id:'time',header: "time", width: 140, sortable: true
          , renderer: Ext.util.Format.dateRenderer('Y/m/d H:i:s')
          , dataIndex: 'time'},
      {header: "lat", align: 'right', width: 80, sortable: true, dataIndex: 'lat'},
      {header: "lon", align: 'right', width: 80, sortable: true, dataIndex: 'lon'}
  ]);

  var grid = new Ext.grid.GridPanel({
      store: store,
      cm: colModel,
      stripeRows: true,
      height: 200,
      width: 320,
      title: 'GPX Data',
      frame: true
  });
  // グリッドを描画します
  grid.render('sample_grid');
});

SimpleStoreのコンフィグにフィールドの定義を設定し、表示するデータを設定することでStoreが作成されます。

ここでの例は、Ext.grid.ColumnModelを使ってグリッドの項目情報を作成し Ext.grid.GridPanelのコンフィグ(cm)に設定しています。

コンフィグにもエイリアスが定義されているものがあり、cmはcolModelのエイリアスになります。

また、見た目のイメージが丸くなるようframeをtrueに設定しています。

Related Link(Ads)