UIの基Panel

メモ:

Ext JSでは、タブ表示やグリッド、ツリー等さまざまなUI(コンポーネント)が用意されています。 (コンポーネントのサンプルhttp://extjs.com/products/extjs/)

これらのコンポーネントの基になるクラスにPanelクラスがあります。

ここでは、Panelクラスを使ってExt JSの雰囲気と簡単な動きを確認したいと思います。

Panelを表示する

基本となるHTMLを作成します。bodyへdivタグを追加し、idにhello_panelを設定します。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="ext/resources/css/ext-all.css">
        <script type="text/javascript" src="ext/adapter/ext/ext-base.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="ext/ext-all-debug.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="main.js"></script>
        <title>New Web Project</title>
    </head>
    <body>
        <h1>New Web Project Page</h1>
        <div id="hello_panel"></div>
    </body>
</html>

JavaScript用のファイル(main.js)を作成します。

Ext.BLANK_IMAGE_URL = 'ext/resources/images/default/s.gif';
 
Ext.onReady(function() {
  new Ext.Panel({
    title : 'Hello World',
    width : 640,
    height : 480,
    renderTo : 'hello_panel'
  });
});

Ext.Panelへタイトル、パネルのサイズ、どこへ描画するかを指定しています。上記以外にもさまざまな設定が出来ます。

renderToの部分は、描画先でHTMLファイルにて追加したdivタグの部分になります。

Panelの例

Ext JSによって追加される部分

divタグ内に追加されるタグを一部記載します。

<div id="hello_panel">
<div id="ext-comp-1001" class="x-panel" style="width: 500px;">
<div id="ext-gen6" class="x-panel-header x-unselectable" style="-moz-user-select: none;">
<span id="ext-gen10" class="x-panel-header-text">Hello World</span>
</div>
<div id="ext-gen7" class="x-panel-bwrap">
</div>
</div>
</div>

idにhello_panelを指定したdivタグ内に、パネルを構成するタグが追加されていることがわかります。

Related Link(Ads)