Ext JSでHello World

メモ:

AIRを触ってみて、凝ったUIが出来ないかと調べていた時見つかったのがExt JSというJavaScriptライブラリです。

JavaScriptも素晴らしいUIを作ることが出来ます。(感動)

準備

Ext JSのライブラリをExt JSからDownloadします。

ダウンロードしたext-2.2.1.zipファイルを作業フォルダに展開します。ここでは、public_htmlフォルダに展開します。

public_html
    |
    |--/ext/
         |--/adapter/
         |--/***/
         |--ext-all.js
         |--

Hello Worldを表示してみる

public_htmlフォルダに次のHTMLファイルを用意します。(※ここでは、ext-all-debug.jsを使用していますがリリースする際はext-all.jsに変更します)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="ext/resources/css/ext-all.css">
        <script type="text/javascript" src="ext/adapter/ext/ext-base.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="ext/ext-all-debug.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="main.js"></script>
        <title>New Web Project</title>
    </head>
    <body>
        <h1>New Web Project Page</h1>
    </body>
</html>

JavaScript用のファイル(main.js)を作成します。

Ext.BLANK_IMAGE_URL = 'ext/resources/images/default/s.gif';
 
Ext.onReady(function() {
    alert('hello world')
});

Ext JSでは、ページの読み込みが完了したタイミングで呼び出されるonReadyメソッドが用意されています。 また、レイアウト調整に使われるs.gifがデフォルトではExtJsのサイトへ取得に行くためローカルを見るように Ext.BLANK_IMAGE_URLを設定します。

作成したHTMLファイルを参照すると「Hello World」と表示されます。

Hello Worldのイメージ

Related Link(Ads)