Adobe AIR - HTMLベースでの開発環境

メモ:

Adobe AIR でHTMLとJavaScriptを使った開発が出来る環境を構築したいと思います。

AdobeホームページからAIRのランタイムとAIR SDKをダウンロードし インストールします。

ランタイムのAdobe AIR(AdobeAIRInstaller.exe)をダウンロードし実行します。 画面の指示に従って進めるとインストールが完了します。

次にAdobe AIR SDK(AdobeAIRSDK.zip)をダウンロードします。

任意のフォルダに解凍し、binフォルダにパスを通します。

ここでは、Cドライブの直下に解凍しています。

C:\
  |
  |-- AdobeAIRSDK\
           |-- bin
           |-- frameworks

PATHを通すには、[コントロールパネル]の[システム]などからシステムのプロパティを表示し 詳細設定タブを表示します。

詳細タブにある環境変数ボタンをクリックし、パスを追加します。

システム環境変数にある「Path」へ、C:\AdobeAIRSDK\binを入力し追加します。

コマンドプロンプトで「adl -help」 と入力し次のように表示されればパスが通っているはずです。

C:\> adl -help

usage:
  adl ( -runtime <runtime-dir> )? ( -pubid <pubid> )? -nodebug?
     <app-desc> <root-dir>? ( -- ... )?
  adl -help

以上で開発環境が構築されます。後は、テキストエディタで開発することが可能です。

Related Link(Ads)