JavaでHello, World!

メモ:

お約束のHello, World!です。とりあえずテキストエディタで作成してみます。

Hello, World!と出力するプログラムを作ってみる

ここでは、c:\src\helloフォルダにHello.javaというファイルを作成し次のようにプログラムを作成します。

public class Hello
{
    public static void main(String[] args)
    {
        System.out.println("Hello, World!");
    }
}

このプログラムは、mainメソッドがプログラムの始まり(エントリーポイント)となり、System.out.printlnメソッドで標準出力に「Hello, World!」と出力するという事になります。

コンパイル

作成したソースを実行可能な形式にコンパイルします。コンパイラーもいろいろあるようですがJDKに含まれている「javac」を使ってコンパイルします。

コマンドプロンプトを実行し、プログラムが保存してあるフォルダに移動します。

c:\User\test>cd c:\src\hello
c:\src\hello>

次のコマンドを実行しコンパイルを行います。

c:\src\hello>javac Hello.java

コンパイルが成功した場合、特に何も表示されず入力待ちの状態に戻ります。 コンパイルに失敗した場合は、エラーメッセージが表示されるので作成したプログラムに間違いがないか確認します。

コンパイルに成功したら「dir」コマンドを実行してみます。

c:\src\hello>dir

コンパイルに成功していれば、「Hello.class」というファイルが作成されています。 これが実行可能なファイルとなります。

Helloを実行

コンパイルしたファイルを実行するには、コマンドプロンプトで「java Hello」と入力します。

c:\src\hello>java Hello
Hello, World!

「Hello, World!」と表示されれば成功です。