HTML5のドキュメントタイプ宣言(DOCTYPE)

メモ:

私のホームページもHTML5へ対応すべく、作業を進めていますが HTML5 でのドキュメントタイプ宣言(DOCTYPE)がシンプルになったようですので調べてみました。

HTML5はSGMLベースではなくなった!?

HTML2.0 から HTML4.01まではSGML文書の一種と定義されており、ドキュメントタイプ宣言(DOCTYPE)により文書定義型(DTD)と紐付けられていました。

HTML5では、SGMLベースではなくなったため文書定義型(DTD)と紐付けられることもなくなり、 次のようなシンプルな宣言となりました。

<!DOCTYPE html>

※HTML4.xの宣言については「HTMLの基本構造」でまとめています。

「文書定義型(DTD)が無いのなら、この宣言いらないのでは?」と思ってしまったのですが、 別の用途として使われており、一部のブラウザではDOCTYPEスイッチと呼ばれる機能としてレンダリングモード(表示方法として「標準モード」や「互換モード」)を切り替えるために使用されています。

HTML5では、DOCTYPE宣言の指定が必須となります。