HTMLのきまりごと

メモ:

HTML(HyperText Markup Language)には、いくつかの決まりごとがあります。

HTMLでは、文書を記述する場所、それ以外の情報を記述する場所、といった決まりごとがあります。 そういった決まりごとをWorld Wide Webの標準化団体であるW3Cによってまとめられ、 HTML4.01という形で勧告されました。

HTML4.0xでは、HTMLはあくまでも文書構造をマークアップし、見せ方(デザイン)はスタイルシートで行うように推奨しています。

私がホームページの製作を始めたころは、HTMLの要素であるタグを使っていかにレイアウトし見せるかという部分を工夫する傾向があったのですが、HTML4.0xでは本来のHTMLにおけるルールを明確にするようにStrict(厳格な文書型定義)定義されました。

また、さまざまなユーザーや環境でも閲覧しやすいようにアクセシビリティの向上をはかることも推奨されています。 HTML4.01では、アクセシビリティの向上のために必須属性も定義され、例えば img要素ではalt属性が必須として定義されています。