Vagrantで作成した仮想マシンのプロキシを設定する

メモ:

Vagrant で作成した仮想マシンをプロキシ環境下で使用するには、vagrant-proxyconf プラグインを使って設定します。

vagrant-proxyconf によるプロキシ設定

次のコマンドで vagrant-proxyconf プラグインをインストールします。

$ vagrant plugin install vagrant-proxyconf
Installing the 'vagrant-proxyconf' plugin. This can take a few minutes...
Installed the plugin 'vagrant-proxyconf (1.5.2)'!

次に、Vagrantfile へプロキシ設定を追加します。

  Vagrant.configure(2) do |config|
    if Vagrant.has_plugin?("vagrant-proxyconf")
        config.proxy.http     = "http://{アドレス}:{ポート}"
        config.proxy.https    = "http://{アドレス}:{ポート}"
        config.proxy.no_proxy = "127.0.0.1,localhost"
    end
  end

以上の設定で、Vagrant 仮想マシンを立ち上げるときにプロキシが設定されます。

Vagrantfileの変更を反映させる

Vagrantfile の内容を書き換えたあと、その内容を反映させるには Vagrantfile のあるディレクトリで次のコマンドを実行します。

$ vagrant reload