chocolatey をプロキシ環境下で使用する

メモ:

Windows クライアントにインストールされたソフトウェア達をどのようにバージョンアップしていくか模索中です。

そんな中、 Windows 10 に標準で搭載された PackageManagement を触ってみましたがしっくりこず、 chocolatey を使ってみることにしました。

それでは、プロキシ環境下で chocolatey をインストールしてみます。

プロキシ環境下で chocolatey をインストールする

chocolatey のインストーラーをダウンロードします。install.ps1

PowerShell を管理者として次のコマンドを実行し、スクリプトファイルの実行ポリシーを変更します。

PS D:\work> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

環境変数へプロキシの設定を登録します。

PS D:\work> $env:chocolateyProxyLocation = "http://...../"  <-- proxyのアドレスとポートを指定 
PS D:\work> $env:chocolateyProxyUser = "user"               <-- proxy のユーザーを指定 (必要に応じ)
PS D:\work> $env:chocolateyProxyPassword = ""               <-- proxy のパスワードを指定 (必要に応じ)

ダウンロードしておいたインストーラーを実行します。

PS D:\work> .\install.ps1 を実行

以上でインストールが完了します。