WindowsへMySQL5.0.16をインストールする

Windows環境へMySQL5.0.16をインストールします。

インストーラーでの4.1との違いは、ネットワーク設定のEnable Strict Modeの 追加のみのようです。

MySQL Downloadからrecommendedとなっている5.0をクリックします。

いろいろなOS別にファイルが用意されているので、Windows downloadsを探しその中の Windows (x86)のファイルを任意のフォルダにダウンロードします。 (ここでは、mysql-5.0.16-win32.zipです。)

ダウンロードしたファイルは、圧縮ファイルですので解凍します。解凍されたファイルに setup.exeがあるので、これを実行します。

インストールファイル

Setup Wizardが起ち上がります。

Welcomメッセージ

「ようこそSetup Wizardに〜」と表示されます。 まぁ、関係ないので [Next] ボタンをクリックします。

インストール方法の選択

通常は、Typicalでいいと思います。インストール先を変更したい場合やインストールされる コンポーネントを変更したい場合は、Customを選択し [Next] ボタンをクリックします。

インストールの確認

選択した内容が表示されますので、確認してInstallボタンををクリックします。

インストール

インストールが開始されます。

MySQLへの登録設定

MySQL.comへ登録するかどうかと聞かれるので、特に必要が無ければSkip Sign-upを選択します。

設定の確認

インストールは、以上で終了します。引き続きMySQLの設定をする場合、チェックをしたままにします。 設定を手動でする場合や後からする場合は、チェックをはずします。

それでは、引き続きMySQLの環境設定をします。

Welcomeメッセージ

Configuration Wizardが起ち上がります。 Nextボタンをクリックします。

インストール方法選択

よくわからない場合は、Standardを選択してください。DataBaseのタイプや接続ユーザー数等 設定をする場合は、Detailed Configurationを選択します。

Standard ConfigurationDetailed Configuration
  基本設定の選択

MySQLの使い道に応じて選択します。
  Databaseタイプ設定

DataBaseのタイプを選択します。トランザクション(InnoDB)を使用するかどうかによって選択します。
    TableSpaceパス設定

InnoDBを選択した場合、TableSpaceの場所を指定します。
  接続ユーザー数設定

MySQLへの接続数を設定します。
  ネットワーク設定

ネットワークで使用するポート番号を設定します。特に問題が無ければ
デフォルトでいいと思います
4.1との違いは、Enable Strict Modeの追加のみのようです。
  文字コード設定

デフォルトの文字セットを設定します。
サービス設定

MySQLをサービスとして設定します。
MySQLのコマンドラインツールを使いやすくするためPATHを通しておきます。
管理者設定

管理者のパスワードを設定します。

最終設定

以上で設定が終了です。設定に問題が無ければ、Executeボタンをクリックします。

セットアップ終了

設定した内容からConfiguration WizardがMySQLの設定ファイルであるmy.iniを作成します。 設定を変更したい場合、my.iniを直接編集することもできます。

また設定を変更したい場合は、Configuration Wizardをもう一度実行することで変更することができます。