WindowsへApacheをインストールする

Windows環境へApacheをインストールします。 ここでは、Apache2.0.54(2005/04/21)を対象に話を進めていきます。

Apache.orgからWin32 Binary(MSI Installer)apache_2.0.54-win32-x86-no_ssl.msiを 任意のフォルダにダウンロードします。

no_sslとなっているように、SSLへは対応していないようです。SSLに対応するには、ソースからコンパイルするか 別途、他の人がコンパイルしたものを入手する必要があります。

必要な方は、こちら->Hunter

ここでは、SSLに対応しない形で話を進めていきます。

Apache.orgからダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。

インストールファイル

Installation Wizardが起ち上がります。

インストーラー Welcome Message

Nextボタンをクリックします。

確認画面

インストールするつもりでやっているので I accept the terms in the license agreementを 選択します。

はじめに

Nextボタンをクリックします。

host設定

Network Domainには、DDNSで取得したドメイン等を設定します。 Server Nameは、サーバが自分自身を示すホスト名とポートを設定します。 これは、リダイレクトする URL を生成する際に利用されます。 例えば、ウェブサーバを動かしているマシンは simple.example.com で、DNS のエイリアス www.example.com もあるときに、 ウェブサーバが後者として 認識されて欲しいときは、以下のようにディレクティブを使います。

www.example.com

Administrator's Email Addressは、管理者のメールアドレスを入力します。 このアドレスは契約しているプロバイダのメールアドレスでいいと思います。

for All Users,on Port 80,as a Service -- Recommended.を選択し、サービスとしてApacheを起動します。

インストール方法選択

Typicalを選択してNextボタンをクリックします。

インストール先選択

インストール先の指定です。この辺は、いろいろな考え方があるので任意に設定してください。 Change...をクリックするとインストール先を変更できます。

インストール先指定

インストールの開始

後は、Installと書かれたボタンをクリックするだけです。

インストールが正常に終了すると以下の画面が表示されます。

インストール終了

以上でApacheのインストールは終了です。

最後に正常に動作しているか確認してみます。

タスクトレイのアイコンが緑になっていることを確認します。

Internet Explorerを起動し、アドレス欄にhttp://localhost/と入力します。 以下の画面が表示されればインストールは正常に終了です。

インストールの確認