JBoss jBPM Graphical Process Designerをインストールする

jbossのランタイムやEclipseのプラグイン(jBPM Graphical Process Designer)、activation.jar等 いろいろ要るようです。activation.jarを別にダウンロードする必要があったり、微妙な感じですが インストール手順を残しておきます。

jBPM Graphical Process Designerのインストール手順

次の5つのファイルをダウンロードします。

jboss-5.0.0のインストール

jboss-5.0.0.GA.zipを適当なフォルダに展開します。(ここでは、c:\jboss-5.0.0.A)

jBPMのインストール

次にjBPMをインストールします。コマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。

java -jar jbpm-installer-3.2.6.SP1.jar

インストーラーが起動するので、[Next]をクリックします。

インストーラー

jBPMのインストール先を聞かれるので任意に設定します。

インストール先設定

インストールするパッケージ等は、デフォルトのままで進めます。

インストールパッケージの選択

ターゲットとするjbossサーバーとDatabaseを選択します。ここではJBoss5.0.0とMySQLを選択しました。

次にJBossのパスを聞かれるので、jboss-5.0.0.GA.zipを展開したパスを設定します。

activation.jarの配置

activation.jarを[JBPMのインストール先]\jbpm-3.2.6.SP1\libへコピーします。

Eclipseのインストール

ダウンロードしたEclipseを任意のフォルダに展開します。

展開したフォルダのeclipse.exeを実行しEclipseを起動します。

jBPM Graphical Process Designerのインストール

Eclipseのメニューから「Help」を選択し、「Install New Software」を選択します。

プラグインのインストール

[Add]ボタンをクリック、[Archive]ボタンをクリックしてダウンロードしたjbpm-jpdl-designer-site-3.1.7.zip を選択します。

ファイルの選択

jBPM jPDL Toolsをチェックし[Next]ボタンをクリックします。

アイテムの選択

後は、画面の指示に従ってインストールを完了します。

正常にインストールができると、[File] - [New] - [Other]にJBoss jBPMが追加されます。