DDNSを使った基本的な接続イメージ

インターネット上でDDNSを使用した基本的な接続例を考えてみます。
WAN側のアドレスは、動的に変わるものとして考えます。その場合、考えられるのがアドレスをどこかの
ホームページ等で公開するかDDNSを使うという方法が考えられます。
ここでは、DDNSを使用することとします。

接続イメージ

PC2の仮想HUBを設定します。仮想HUBにPC1とPC2のユーザーを作成します。(同じでもかまいません)
PC2の仮想LANを設定します。

接続のプロパティ

PC2の場合、仮想HUBと仮想LANが同一マシンに存在するのでホスト名にlocalhostを指定します。
ユーザー認証に仮想HUBで設定したユーザー名とパスワードを設定します。

次に、PC1の設定をします。PC1は、PC2の仮想HUBへ接続しに行く事になります。

接続のプロパティ

PC1の場合、ホスト名に相手側(PC2)のURIを指定します。DNSでアドレスを引くことにより
接続します。ユーザー認証には、仮想HUBで設定したユーザー名とパスワードを設定します。

ブロードバンドルーターを使用されている場合、ポートを空けておく必要があります。
ポートの開放方法は、ルーターによって違いますのでルーターのマニュアルを確認してください。