制御構造 - ループ

LOOP文

LOOPは、ループから抜けるまでその中の処理を実行します。ループから抜けるには 通常LEAVEで抜けます。

書式1.

[ラベル:] LOOP
    実行単位1;
    実行単位2;
    LEAVE ラベル;
END LOOP [ラベル];

ITERATEを使うことでループの始まりに戻ることが出来ます。

書式2.

[ラベル:] LOOP
    実行単位1;
    IF 条件式 THEN ITERATE ラベル;
    LEAVE ラベル;
END LOOP [ラベル];

REPEAT ... UNTIL文

REPEATは繰り返し処理を行うための構文です。UNTILとの組み合わせで使用しUNTILの 条件式が真になるまで実行単位を繰り返します。

書式1.

[ラベル: ]REPEAT
    実行単位1;
    実行単位2;
UNTIL 式
END REPEAT [ラベル];

WHILE文

whileは繰り返し処理を行うための構文ですwhileという単語は、「〜をする間」という意味が あります。このwhileは、式が真(true)の間実行単位を実行します。式が偽(false)と評価され るとループを抜けます。

書式1.

[ラベル:] WHILE 式 DO
    実行単位1;
    実行単位2;
END WHILE [ラベル];
[an error occurred while processing this directive]