XEADとは?

XEADとは、フリーの上流工程モデリングツールです。

私が上流工程を受け持った際、わかりやすく勉強させていただいた書籍が次の書籍です。
「業務システムのための上流工程入門」
「生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング」

どちらも 渡辺 幸三 氏による著書で実務担当者への説明を行う際もとてもスムーズに行うことが できました。

そんな渡辺 幸三 氏によるモデリングツールが無料で公開されています。

今回インストールした構成は、J2SE6及びXEAD V1.R3.M4です。

XEADインストール

最初に私の環境では、Oracle 9.2がインストールされていたため、そのままではXEADが起動しませんでした。 XEADを起動するには、環境変数のPATHへJAVAのパスを追加する必要があります。

渡辺幸三の開発支援サイト「システム設計のこと、もっと知りたい」からXEADを ダウンロードします。

インストールファイル

XEADへようこそと表示されるので[次へ]ボタンをクリックします。

XEADへようこそ

XEADの説明が表示されるので[次へ]ボタンをクリックします。

ドキュメントの確認

ライセンス確認が表示されるので「以上の契約に同意」にチェックを入れ[次へ]ボタンをクリックします。

ライセンス確認

インストール先を設定し[次へ]ボタンをクリックします。

インストール先の設定

プログラムメニューのフォルダを指定します。

プログラムフォルダの設定

ショートカットの設定をします。ディスクトップ以外はチェックできないようです。

ショートカットの設定

インストール内容の最終確認が表示されます。

インストール内容の最終確認

インストールが行われ完了画面が表示されます。

インストール完了

以上でインストールが終了します。

XEADの起動

プログラムメニューからXEADをクリックしてXEADを起動します。スプラッシュウィンドウが表示され 編集ファイルの選択ダイアログが表示されます。

編集ファイルの選択

「ファイルを新規作成して開く」をクリックします。

編集ファイルの選択

ファイルの作成先を聞いてくるので、作成先とファイル名を指定します。

ファイルの作成先

次のような画面が起動します。

XEAD

Oracle Clientを入れていて、XEADが起動しない場合は環境変数を疑ってみてください。