Windowsへphp5をインストールする

Windows環境へphp5をインストールします。 ここでは、php5.0.4(2005/04/25)を対象に話を進めていきます。

PHPからPHP 5.0.4 zip packageを任意のフォルダにダウンロードします。

次にphpをインストールするフォルダを作成します。例えば、c:\phpのようにCドライブにフォルダを作成します。

ダウンロードしたファイルをc:\phpに解凍します。

phpのインストール先

phpを解凍したフォルダにある php5ts.dll をWindowsのシステムフォルダにコピーします。 (C:\windows\system32 や C:\WINNT\system32 や C:\windows\systemなど)

ここでは、MySQLを使用することを前提にしていますのでphpを解凍したフォルダにある libmysql.dll も Windowsのシステムフォルダにコピーします。

phpを解凍したファイルから php.ini-dist ファイルをWindowsフォルダにコピーします。 Windowsフォルダにコピーした php.ini-dist ファイルを php.ini に名前を変更します。

このphp.iniにphpの動作設定をします。

オプション意味
magic_quotes_gpcOffGet/POST/Cookieなどがらデータを取得したときダブルクォーテーション「"」等にエスケープ文字を付加するかを決定する
default_charsetShift_JISデフォルトの文字コードを指定します
include_path.;c:/php/includes;c:/php/pearpearやSmartyを使う場合変更します。
extension_dir c:/php/ext動的にロード可能な拡張モジュールを置くディレクトリを指定します。
doc_rootd:/public_htmlサーバーにおけるPHPの"ルートディレクトリ"です。 この値は空で無い場合のみ使用されます。PHPがセーフモードで設定されている場合には、このディレクトリの外側にあるファイルは使用されません。
extension=php_mbstring.dllコメントをはずしますマルチバイト文字列を有効にします。
extension=php_mysql.dllコメントをはずしますMySQLを有効にします。
mbstring.languageJapaneseデフォルトを日本語に設定します。
mbstring.internal_encodingSJIS内部文字エンコーディングをSJISに設定します。
mbstring.http_inputautoHTTP入力文字エンコーディング変換をautoに設定します。
mbstring.http_outputSJISHTTP出力文字エンコーディング変換をSJISに設定します。
mbstring.encoding_translationOn内部文字エンコーディングへの変換を有効にします。
mbstring.detect_orderauto文字コード検出をautoに設定します。
mbstring.substitute_characternone無効な文字を出力しない。

文字コードの設定に関しては、 [php.iniの文字コードの設定]を参考にしてください。

Apacheでphp5を使うための設定

Apacheからphpを使用するには、2つの方法があります。 phpをCGIとして動作させる方法とApacheのモジュールとして動作させる方法です。

ここでは、モジュールとして動作させます。

ApacheをインストールしたフォルダのconfフォルダにApacheの設定ファイル[httpd.conf]があります。 このhttpd.confファイルを編集してphpがモジュールとして動作できるように設定します。

以下の行をhttpd.confに追加します。

LoadModule php5_module c:/php/php5apache2.dll
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps

DirectoryIndexディレクティブにindex.phpを追加します。

DirectoryIndex index.html index.php

ここまでで、Apacheの設定は終了です。Apacheを再起動します。

DocumentRootに設定したフォルダに、以下の1行を追加したファイルを作成します。

<? phpinfo(); ?>

適当にinfo.phpと名前を付けて保存します。

ブラウザのアドレスにhttp://localhost/info.phpと入力し以下の画面が表示されれば 設定は正常に終了しています。

インストールの確認

CGIとして動作させるには、httpd.confを以下のように設定します。

#DirectoryIndexディレクティブにindex.phpを追加
DirectoryIndex index.html index.php

#以下の行を追加
ScriptAlias /php/ "c:/php/"
Action application/x-httpd-php php-cgi.exe
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps