Alfrescoのスペースに簡易ワークフローを定義する(ルール)

参考:Tutorials

ここでは、スペースのルールを使用した簡易的なワークフローを作成します。

  1. Draftスペースで作成したドキュメントをRequest Approvalへ移動し、承認を依頼します。
  2. Request Approvalでは、承認か差戻しを判定し承認の場合はPublishスペースへ、差戻しの場合はDraftへドキュメントを移動します。

簡易ワークフローの定義

「Alfrescoのスペースにルールを定義する(バージョン管理)」と同様に Draftsスペースへルールを設定します。

ルール作成ウィザードで条件の選択にすべてのアイテムを選択し、 [リストに追加]ボタンをクリックします。条件の設定が完了したら[次へ]ボタンをクリックします。

条件の選択

アクションの選択ページでアイテムへ簡易ワークフローを追加を選択し、 [設定・追加]ボタンをクリックします。

アクションの選択

アクション内容の設定で、承認フロー及び差戻フローの設定を行います。

ここでは、承認ステップの名前に「Request Approval」。移動を選択し、移動先にPending Approvalスペースを 指定します。

差戻ステップは「いいえ」に設定しました。

アクション内容の設定

詳細の入力では、タイプを「受入」に設定しタイトルに「Add simple workflow」と入力して[完了]ボタンを クリックします。

詳細の入力

この設定により、メニューへRequest Approvalが追加されます。

Request Approvalメニュー

チュートリアル通り、Pending Approvalスペースにもルールを設定します。

ルール作成ウィザードで条件の選択にすべてのアイテムを選択し、 [リストに追加]ボタンをクリックします。条件の設定が完了したら[次へ]ボタンをクリックします。

条件の選択

アクションの選択ページでアイテムへ簡易ワークフローを追加を選択し、 [設定・追加]ボタンをクリックします。

アクションの選択

アクション内容の設定で、承認フロー及び差戻フローの設定を行います。

ここでは、承認ステップの名前に「Publish」。移動を選択し、移動先にPublishedスペースを 指定します。

差戻ステップは「はい」を選択し、差戻ステップの名前を「Reject」に設定します。差戻した場合の 動作を移動に設定し、移動先にDraftsスペースを指定します。

アクション内容の設定

詳細の入力では、タイプを「受入」に設定しタイトルに「Add simple workflow1」と入力して[完了]ボタンを クリックします。

詳細の入力

※チュートリアルでは、タイトルにAdd simple workflowと入力するようになっていますが、 同じ名前が使えないようです。