Alfrescoのスペースにルールを定義する(バージョン管理)

参考:Tutorials

「スペースの作成(テンプレートを使ったスペースの作成)」で作成した Project bnoteスペースを表示します。

Project bnoteスペース

Project bnoteスペースにあるDraftsスペースへルールを設定します。Draftsを表示し、「その他」をクリックし 「コンテンツルールの管理」を選択します。

Draftsスペース

「コンテンツルール」のページが開くので「ルールの作成」をクリックします。

コンテンツルールのページ

ルール作成ウィザードが表示されるので条件の選択にすべてのアイテムを選択し、 [リストに追加]ボタンをクリックします。条件の設定が完了したら[次へ]ボタンをクリックします。

条件の選択

アクションの選択ページでアイテムへアスペクトを追加を選択し、 [設定・追加]ボタンをクリックします。

アクションの選択

必要なアスペクトの選択でバージョン管理可能を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

必要なアスペクトの選択

概要にバージョン管理可能 アスペクトの追加と表示されるので [次へ]ボタンをクリックします。

登録内容の表示

設定したルールが動作するタイミング等、詳細設定を行います。

発生タイミングには、次の3つが用意されています。

受入(Inbound)
コンテンツがスペースへコピー,作成または追加されたとき
送出(Outbound)
コンテンツがスペースから移動または削除されたとき
更新(Updated)
コンテンツが更新されたとき

ここでは、タイプを受入に設定しタイトルをAll versionedと設定し、 [次へ]をクリックします。

詳細設定

確認画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

Alfrescoのバージョン管理

上記例では、コンテンツのコピー、追加、作成によりバージョン管理というアスペクトが 追加されます。

これにより、コンテンツがバージョン管理の対象となります。

バージョンを確認するには、コンテンツの詳細を表示することで確認することができます。

バージョン履歴