Active Directoryの構成[Windows2000 Server]

Active Directoryの構成には、DNSが必須となっています。今回は、インストール途中で DNSサービスのインストールを行います。

ここでは、新規にActive Directoryを構成するための手順を記述します。

ネットワークの設定でDNSサーバーを自分自身に設定します。

Active Directoryのインストール

[スタート]からファイル名を指定して実行を選択し、dcpromo.exeを実行します。Active Directoryのインストール ウィザードが起動します。

Active Directoryインストールウィザード

ドメインコントローラの種類を指定します。

新しいドメインのドメインコントローラを選択します。

ドメインコントローラーの種類

ドメインの構成を行います。[ツリーまたは子ドメインの作成]

新規で構成を行うため、「新しいドメインツリーを作成」を選択します。

ツリーまたは子ドメインの作成

フォレストの設定を行います。[フォレストの作成または追加]

新規でドメインを構成するので、「ドメインツリーの新しいフォレストを作成」を選択します。

フォレストの作成または追加

ドメイン名を設定します。[新しいドメイン名]

ここでは、bnote.netと指定します。プライベートネットワークの場合、bnote.localと指定します。

新しいドメイン名

旧OS(Win9xやNT)との互換性維持のためNetBIOSドメイン名を設定します。[NetBIOSドメイン名]

ここでは、そのままBNOTEで設定します。

NetBIOSドメイン名

データベースとログの保存場所を指定します。[データベースとログの場所]

ここでは、デフォルトのまま指定しました。

データベースとログの場所

共有システムボリュームの保存先を指定します。[共有システムボリューム]

共有システムボリューム

DNSサーバーが見つからないため、インストールするよう言われます。

DNSサーバーの確認

DNSサービスをインストールしDNSを構成します。

DNSの構成

アクセス許可を設定します。古いクライアントは存在していないため Windows2000サーバーとのみ互換性があるアクセス許可を選択します。

後から変更も可能なようです。

アクセス許可

ディレクトリサービスを復元する際に使用する管理者パスワードを設定します。

ディレクトリサービス復元モード Administrator パスワード

設定内容を確認します。

概要

Active Directoryの構成が実行されます。

Active Directoryの構成

構成の途中でDNSサービスのインストールが行われます。

DNSサービスのインストール

DNSのインストール完了後、ActiveDirectoryの構成が完了します。

ActiveDirectoryの構成が完了

DNSに逆引き参照ゾーンを設定

DNSに逆引き参照ゾーンを設定します。今回は、フォワーダの設定はしていません。

[コントロールパネル]の[管理ツール]から[DNS]を実行します。

逆引き参照ゾーンフォルダを右クリックし、新しいゾーンを追加します。

新しいゾーンを追加

ゾーンの種類で「標準プライマリ」を選択します。

ゾーンの種類

ネットワークIDにアドレスを設定します。

逆引き参照ゾーン

ゾーンファイルを指定します。

ゾーンファイルの指定

新しいゾーンの設定が完了します。

ゾーン設定の完了

作成したゾーンにポインタを設定します。

作成した192.168.xxxのフォルダを右クリックし、[新しいポインタ]を選択します。

ポインタの設定

ホストIP、ホスト名に自分自身の設定を登録します。

レコードの設定

以上、で設定が完了します。