WindowsへTomcat8.0.32をインストールする

Windows7にTomcat8.0.32をインストールし、サービスとして起動するまでの設定を行います。

環境

設定は、次の環境で確認しています。

  • Windows7(64bit)
  • JDK 8u74
  • Tomcat 8.0.32

Tomcat 8.0.32のインストール

準備:JRE7 又はそれ以降のインストール

Oracle Technology NetworkからJRE又はJDKを ダウンロードします。

ここでは、「jdk-8u74-windows-x64.exe」をダウンロードしインストールします。

環境変数の設定

JDKを使用するため、環境変数を設定します。

[コントロールパネル - システム]をクリックし表示されたダイアログの「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」ダイアログが表示されるので、「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックします。

システムのプロパティ

「システムの環境変数」にある「新規」ボタンをクリックします。

環境変数

表示されたダイアログの「変数名」にJAVA_HOMEと入力します。「変数値」にインストールしたJDKのパス(ここでは、C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_74)を入力し、 「OK」をクリックします。

次にシステム環境変数の「Path」を選択し、「編集」ボタンをクリックします。表示されたダイアログの「変数値」に JDKのbinフォルダを追加します。

%JAVA_HOME%\bin

※「;」セミコロンで区切って、元の変数値へ追加します。

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行し、バージョン情報が表示されれば準備完了です。

c:\> java -version
java version "1.8.0._74"

Tomcat 8.0.32のインストール

Apache Tomcatから「64-bit Windows zip」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダへ展開します。 ここでは、「c:\apache-tomcat-8.0.32」フォルダへ展開します。

環境変数の設定

Tomcatの実行に必要な環境変数を設定します。

「変数名」にCATALINA_HOMEと入力します。「変数値」に展開したTomcatのパス (ここでは、c:\apache-tomcat-8.0.32)を設定します。

CATALINA(カタリナ)とは:アメリカ、カルフォルニア州のサンタカタリナ島から名付けられたようで、 Servletコンテナの事を指すようです。

setenv.batの作成

必須ではないですが、いくつかのパラメータが適用されるようsetenv.batを作成しておきます。

c:\apache-tomcat-8.0.32\binフォルダにsetenv.batファイルを作成し次の設定をしておきます。

set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -Xms128m -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m -server

※注意:setenv.batは、startup.batまたはcatalina.batから呼び出されるため サービスとして実行する場合は適用されません。

Tomcatの起動と停止

最低限の設定は出来たので、Tomcatを起動します。コマンドプロンプトで次のコマンドを実行し Tomcatを起動します。

c:\apache-tomcat-8.0.32\bin\startup.bat

Tomcatが実行されると「Windowsセキュリティの重要な警告」が表示されるのでTomcatが通信できるよう ネットワーク上での通信を許可します。

ネットワーク上での通信を許可

任意のブラウザーを起動し、アドレスに「http://localhost:8080/」と入力します。

ブラウザに次のようなTomcatのページがと表示されればTomcatが正常に動作しています。

動作確認

おまけ:Tomcatを起動する方法として、次のコマンドでも起動することができます。

c:\apache-tomcat-8.0.32\bin\catalina.bat start

Tomcatを停止する場合は、次のコマンドでも停止します。

c:\apache-tomcat-8.0.32\bin\shutdown.bat

Webアプリケーションマネージャの設定

今回インストールしたTomcatには、標準で「Manager Application」(Webアプリケーションマネージャー)という Webベースのアプリケーションがあります。

Manager Applicationには、次の機能が用意されています。

  • WebアプリケーションのWarファイルを指定したコンテキストパスでアップロードし、デプロイする。
  • サーバ上の任意のパスに配置したWebアプリケーションをデプロイする。
  • デプロイしたWebアプリケーションの状態を表示する。
  • デプロイしたWebアプリケーションを再起動する。
  • デプロイしたWebアプリケーションを削除する。

それでは、Webアプリケーションマネージャが使えるよう設定していきます。

confフォルダにあるtomcat-users.xmlを次のように編集します。

<tomcat-users ...>
  ...省略...

  <role rolename="manager-gui"/>
  <user username="admin" password="pass" roles="manager-gui"/>
</tomcat-users>

ここでは、ユーザー名を「admin」、パスワードを「pass」と設定しています。 設定ファイルを保存したらTomcatを再起動します。

任意のブラウザーを起動し、アドレスに「http://localhost:8080/manager/html」と入力します。

認証画面が表示されるので、tomcat-users.xmlに設定したユーザーとパスワードを入力します。

ユーザー認証

ログインに成功すると「Tomcat Webアプリケーションマネージャ」画面が表示されます。

Tomcatをサービスへ登録

コマンドプロンプトを起動し次のコマンドを実行します。

c:\> apache-tomcat-8.0.32\bin\service.bat install
Installing the service 'Tomcat8'
Using CATALINA_HOME:    "C:\apache-tomcat-8.0.32"
...省略...
The service 'Tomcat8' has been installed.

サービスの登録が成功するとサービス名「Apache Tomcat 8.0 Tomcat8」という名前で登録されます。

Windows起動時にサービスが実行されるようにするには、サービスのスタートアップの種類を「自動」に設定します。

登録したサービスを削除するには、次のコマンドを実行します。

c:\> apache-tomcat-8.0.32\bin\service.bat remove

以上でTomcat 8.0.32のインストールは完了です。

サービス登録時のオプション設定(メモリチューニング等)

startup.batなどで起動する場合、setenv.batや環境変数(CATALINA_OPTS)などに設定を 指定できますが、サービスとして起動する場合この設定は反映されません。

サービスとして起動させる場合、binフォルダにあるtomcat8w.exeを使用して 設定します。tomcat8w.exeを実行し表示されたダイアログにある「Java」タブを選択します。

この画面にあるJava OptionsやInitial memory pool,Maximum memory poolなどに必要な設定を行います。

Tomcat環境設定