Talend ファイルを添付してメールを送信する

データを加工したのち関係者へメール送信を行うジョブを作成してみます。

ここでは、「Talend チュートリアル(How to sort a file)」で作成した並び替え後の CSVファイルを添付してメール送信を行ってみます。

データのソートまでは、「Talend チュートリアル(How to sort a file)」と同じ手順となります。

メール送信コンポーネントの配置と設定

CSVファイルのデータを並べ替えるジョブが次のように作成されているものと します。

ソートジョブ

パレットビューから「インターネット」-「tSendMail」を選択しジョブビューへコンポーネントを配置します。

tSendMailコンポーネント

データのソートジョブが成功した場合にメールを送信したいので、「tFileInputDelimited」を 右クリックし、ポップアップメニューから[トリガ]-[サブジョブがOKの場合]を選択し、 「tFileInputDelimited」と「tSendMail」を繋ぎます。

トリガ設定

ジョブビュー上の各コンポーネントは、次のように繋がれているのでサブジョブが完了後 メール送信されるよう設定を行っていきます。

ジョブのイメージ

ジョブビュー上の「tSendMail」コンポーネントを選択し、コンポーネントの設定を行っていきます。

ここでは、「宛先」、「差出人」にメールアドレス、「題名」にCustomer Sort Fileと入力し、 「メッセージ」には、Helloと設定しました。

注意点としては、各項目の値を「"(ダブルクォーテーション)」で括る必要があります。

メール送信設定

次に添付ファイルの設定を行っていきます。「添付」の部分にある「+」のボタンを クリックし、添付ファイルを指定していきます。ここでは、ソート後のファイル(c:\work\dest\customer.csv)を 指定しています。

このファイルの指定も「"(ダブルクォーテーション)」で括る必要があり、「\」などは エスケープする必要があります。("c:\\work\\dest\\customer.csv")

最後にSMTPサーバの設定を行い、ジョブの作成は完了です。

添付ファイルの設定

ジョブが正しく作成されていれば、ジョブの実行で並べ替え後のCSVファイルが添付されメールが 送信されます。

以上でTalendによるメール送信は終了です。