初期化パラメータファイルの確認[pfile or spfile]

メモ:

作成済みのOracle環境が、pfileで運用されているのかspfileで運用されているのか確認する方法についてまとめます。

確認環境:Oracle9i[Release 9.2.0.1.0]

初期化パラメータファイルの確認

作成済みの環境が、pfileで運用されているのかspfileで運用されているのか確認するには、次のように実行します。

SQL> show parameter spfile

NAME                                 TYPE
------------------------------------ ----------------------
VALUE
------------------------------
spfile                               string
%ORACLE_HOME%\DATABASE\SPFILE%
ORACLE_SID%.ORA

パスが表示されていれば、spfileでの運用となります。

pfile(静的初期化パラメータファイル)は、テキストファイルを直接編集できます。ただしpfileの場合、変更を反映するにはOracleのインスタンスを再起動する必要があります。(一部のパラメータは、インスタンスが起動中でも変更可)

spfile(永続パラメータファイル)は、インスタンスが起動していてもALTER SYSTEM文を使用してパラメータ値を変更することができます。

設定を変更してみる(DISPATCHERSを変更する)

DISPATCHERSを変更する場合、CREATE SPFILEを使用する必要があります。

共有サーバ接続でのOracle停止ができない(ORA-00106)ためsqlnet.oraにUSE_DEDICATED_SERVER=onを追加します。次にtnsnames.oraにSERVER=dedicatedを追加し専用サーバで接続します。

次に、念の為pfileのバックアップを作成し、pfileからspfileを作成します。

SQL> shutdown
SQL> create pfile from spfile

--------------------------------
テキストエディタでDISPATCHERSを修正

SQL> create spfile from pfile
SQL> startup

以上で設定が完了します。