SQL文 - DDL , DML

DDL
CREATE DATABASE データベースを作成できます。
DROP DATABASE データベースを削除できます。
CREATE TABLE データベースに表を作成できます。
DROP TABLE 表及びデータを削除できます。
ALTER TABLE テーブルの定義を変更できます。
RENAME TABLE テーブル名を変更できます。
CREATE VIEW (5.0以降) ビューを作成できます。
DROP VIEW (5.0以降) ビューを削除できます。
CREATE TRIGGER(5.0以降) データベース・トリガーを作成できます。
DROP TRIGGER 構文(5.0以降) データベース・トリガーを削除できます。
DML
SELECT 1つ以上の表からデータを取り出すことができます。
内部結合(INNER JOIN) 結合する列の値が一致する行を表示することができます。
外部結合(LEFT JOIN,RIGHT JOIN) 結合する列の値が一致しない行も表示することができます。
INSERT 表に行を追加できます。
UPDATE 表の既存の値を変更できます。
DELETE 表から行を削除できます。
TRUNCATE 表の全ての行を削除できます。
ストアドプロシージャ
ストアドプロシージャ,ファンクション構文 ストアドプロシージャを作成できます。
ストアドプロシージャ内の変数  
制御構造-条件分岐  
制御構造-ループ  
SELECT文で得た結果を変数に代入する  
複数行のデータを変数へ代入する(Cursors)  
例外処理(DECLARE ... HANDLER)  
その他
GRANT ユーザーの作成と権限の設定ができます。