TRUNCATE構文

TRUNCATE文を使用すると、表から行を削除できます。

TRUNCATE構文について

TRUNCATE TABLE table_name

TRUNCATE構文は次の点でDELETE構文 と異なります。

  • 切り捨て操作では、テーブルが破棄され、再作成される。 この操作は、レコードを 1 つずつ削除するよりはるかに迅速に処理される。
  • 切り捨て操作はトランザクションセーフではない。 アクティブなトランザクションやアクティブなテーブルのロックがあると、エラーになる。
  • 削除されたレコード数は返されない。
  • テーブル定義ファイル table_name.frm が有効である限り、データやインデックスのファイルが破損しても、 この方法でテーブルを再作成できる。
[an error occurred while processing this directive]