GLAN TankでHDDの状態をメール送信

smartmontoolsを使ってハードディスクの状態をメールで知らせてくれるよう設定します。

smartmontoolsからメールを送信するよう設定する

smartmontoolsをデーモンとして起動するよう設定します。

まず、/etc/default/smartmontoolsにデーモンとして起動するよう設定します。 念の為、/etc/default/smartmontoolsのバックアップを取ります。

デーモンとして起動するには、start_smartd=yesと設定します。

#enable_smart="/dev/hda /dev/hdb"

start_smartd=yes

#smartd_opts="--interval=1800"

必要な場合、チェック間隔(interval)を秒で設定します。デフォルトは、1800秒です。

次に、/etc/smartd.conf でメール送信するよう設定します。初期状態では、DEVICESCANが有効になっています。 これは、接続している監視可能なすべての ATA、 SCSI 機器をスキャンして探します。今回は、デバイスを 指定して診断するため、DEVICESCANをコメントアウトします。

-mオプションとメールの送信先を設定し、デバイスをチェックするよう設定します。

#DEVICESCAN

/dev/hda -H -m root@localhost
/dev/hdb -H -m root@localhost

/etc/init.d/smartmontools startでsmartmontoolsを起動します。