玄箱 Debian で WebDAV

Apache2がインストールされた玄箱 DebianにWebDAVの設定をします。【玄箱 Debian に Apache2 をインストール

WebとWebDAV両方を運用したいと思います。ここでは、WebのPortを80、WebDAVのPortを8080とします。

玄箱 でWebDAVの設定

玄箱に/mnt/share/というWebDAV用のディレクトリを作成します。作成したら所有者をApache2のユーザーに変更します。

# chown www-data:www-data /mnt/share/

ここから、Apacheの設定を行います。まず、/etc/apache2/port.confへWebDAV用のポートを追加します。

# vi port.conf

以下の行を追加

Listen 8080

サイト設定を変更します。/etc/apache2/sites-available/default

# vi default

NameVirtualHost *
↓
NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *>
↓
<VirtualHost *:80>

デフォルトのサイト設定を80で受けるように設定します。次に、WebDAV用のサイト設定を行います。

# cp default dav
# vi dav

NameVirtualHost *:80
↓
NameVirtualHost *:8080

<VirtualHost *:80>
↓
<VirtualHost *:8080>

DirectoryディレクティブにWebDAV用の設定を追加します。

AuthType Basic
AuthName "KURO-BOX DAV Service"
AuthUserFile /etc/apache2/.htpasswd
Require valid-user
DAV on
DAVMinTimeout 3600
DAVDepthInfinity off
LimitXMLRequestBody 0

設定が完了したらインクルードされるようにリンクを作成します。

# cd /etc/apache2/sites-enabled/
# ln -s /etc/apache2/sites-available/dav 001-dav

サイト設定は、以上で終了です。Apache2がWebDAVのモジュールをロードするようリンクを作成します。

# cd /etc/apache2/mods-enabled/
# ln -s /etc/apache2/mods-available/dav.load dav.load
# ln -s /etc/apache2/mods-available/dav_fs.conf dav_fs.conf
# ln -s /etc/apache2/mods-available/dav_fs.load dav_fs.load

最後に認証用のパスワードファイルを作成します。

# htpasswd -c /etc/apache2/.htpasswd

Apache2を再起動し、ブラウザからWebDAVが使用できるか確認します。

IEの場合、[ファイル] −> [開く] から アドレスとポートを指定し、Webフォルダとして開くにチェックを入れます。