玄箱 Debian で DDNS 更新

GnuDIP (gdipc.pl)と更新キックスクリプトを使用してDDNSを更新する環境を構築します。 ここでは、ieserverを対象としています。

以前作成した更新キックスクリプトでは、WAN側のアドレス取得のためw3mを使用しています。 そこで、まずw3mをインストールします。

$ su
Password:(rootのパスワードを入力)
# apt-get update
# aptitude install w3m

/usr/ddnsディレクトリを作成し、ieserverからGnuDIP (Command-line Client Only)をダウンロードします。

# mkdir ddns
# cd ddns
# w3m dump ftp://ftp.cheapnet.net/pub/gnudip/gdipc.pl > gdipc.pl

DDNS環境の設定を行います。PerlのMD5.pmがないと言われるのを想像しながら実行します。

# perl gdipc.pl -c

やはりCan't locate ... Digest/Perl/MD5.pmと表示されました。

そこで、MD5.pmをインストールします。 ここで注意が必要なのは、MD5.pmのパッケージ名が変わっているという事です。 MD5.pmのパッケージは、libmd5-perlに変更されています。

# aptitude install libmd5-perl

もう一度DDNSの環境設定を行います。

# perl gdipc.pl -c
   Changing prefernces:
     New Username: (ユーザー名)
     New Password:(家サーバープロジェクトのパスワード)
     New Password Again:(家サーバープロジェクトのパスワード)
     Domain: (ドメイン名)(例 dip.jp)
     New GnuDIP Server: ieserver.net

これで、DDNSの更新は行えるようになります。

以前作成したupdateip.plを/usr/ddnsへ置きます。

cronでのスケジュールを設定します。

crontab -e

*/30 * * * * root perl /usr/ddns/updateip.pl
00 5 * * 0 root rm -f /usr/ddns/PRV_IP.dat

30分毎にチェックを行い、日曜日の午前5時には強制的にファイルを削除して DDNSサーバーへアドレスを更新します。