フレームバッファでコンソールの解像度を上げる

フレームバッファという仕組みでコンソールの解像度を変えることができます。
[ネタ元:v00v]

フレームバッファは、カーネルの設定で使用できるようになるようですが、 今回確認に使った環境(Debian 4.0r2)では、初期状態で使用できるようになっていました。

設定方法

GRUBの設定ファイルに次のように追加します。

title         Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-5-686 (800x600)
root          (hd0,0)
kernel        /boot/vmlinuz-2.6.18-5-686 root=/dev/sda1 ro vga=771
initrd        /boot/initrd.img-2.6.18-5-686
savedefault

kernel部分に「vga=xxx」を追加することで、指定の解像度で起動するようになります。

値と解像度

解像度
771 800x600 256色
773 1024x768 256色
775 1280x1024 256色
788 800x600 6万5000色
791 1024x768 6万5000色
794 1280x1024 6万5000色
789 800x600 1600万色
792 1024x768 1600万色
795 1280x1024 1600万色